インプラントの見た目と使い心地

インプラントは、歯を失ってしまったところに行う治療です。入れ歯は粘膜の上にのせているだけですが、顎の骨にチタンを埋め込み、その上に人工歯をかぶせているので、外れることもありません。使い心地は本物の歯のようで、固い物も噛むことができます。インプラントに使われる人工歯はセラミックなので、透明感のある白さで見た目も美しく、自分の歯と見分けがつかないほどです。歯を失っても、飲食の楽しみや、審美性といったところまで回復できる治療として、患者さんからの人気も高く、治療を希望する人が増えているため、行う歯科医院も増えています。

インプラントの感想について

インプラント治療をした後の歯の使い心地は、非常に良いものであるとされています。差し歯とは違って、金属をあごの骨に固定してから、金属にセラミックなどで作られた歯を取り付けるような方法であるため、天然の歯のようにかむことができ、とても良い治療であると感じている人がほとんどです。インプラントで取り付けた歯は、定期的なメンテナンスを行うことによって、半永久的に使うことができるため、年齢を重ねても、しっかりと噛むことができる歯に仕上げられ、人気が高いです。美しさも追及できるため、見た目もよいものにできます。

↑PAGE TOP