歯科インプラントの使い心地

歯科用のインプラントは、歯のない部分の顎の骨に手術によってチタンを埋め込みます。チタンの上に人工歯を装着することで、本物の歯のような使い心地を得ることができます。固い食べ物を噛むことはもちろん、噛み心地も感じることができます。また、インプラントに使われる人工歯はセラミック製で、本物の歯と似た質感を出すことができます。見た目と噛む機能性を両立することができる治療なので、第二の永久歯とも呼ばれています。高い技術が必要な治療なので、すべての歯科医院で治療できるわけではありませんが、歯を失ったときの選択肢の一つになります。

インプラントは使い心地も評判

インプラントは入れ歯に比べて安定性が高いだけでなく、その使い心地も良いと評判の治療法です。その理由は、歯の固定方法が入歯とは全く異なる為です。入れ歯は隣接する自分の歯を支えにして固定したり、歯根が残っている場合にはその歯根を支えにして歯を固定する為安定性が低いので、噛む際には注意して噛む必要があります。インプラントの場合には顎の骨に支柱をしっかりと固定し、その上に歯を取り付けるため、安定度が非常に高いのが特長です。そのため硬い物を噛んだ場合にも顎の骨でその力を支えるため、安心して噛めるというメリットがあります。

↑PAGE TOP