インプラントのチタン

インプラントは主に人体親和性の高いチタンが材料です。アレルギーが出ることがほとんどなく、また、顎の骨が取り込むため、しっかりとくっついて抜けることがありません。しかし、極まれにアレルギーが出る場合があるため、バッチテストや血液検査により、アレルギーの有無を確かめることがお勧めです。埋め入れた後にアレルギーを発症してしまった場合には、取り除く治療を行わなければいけなくなり、とてもリスクがたかいので、アレルギー検査お勧めです。

インプラントで喪った歯が蘇る

最近、歯医者さんの広告にインプラントという言葉を見たり聞いたりします。これは歯が抜けてしまった隙間の骨に人工歯根のネジを埋め込んで、そのネジを土台に人工の歯を装着する高度な治療法です。 このため特殊な外科手術が必要になりますし、保険診療の対象外になり費用と時間がその分かかる上、歯周病に罹らぬようしっかりお手入れする必要もありますが、巧くできれば周りの歯にかかる負担を軽減してシンプルに処置できるので喪った歯が綺麗に蘇る強みを持っています。 詳しくはインプラントを扱っている最寄りの歯医者さんにお尋ねください。

↑PAGE TOP