インプラントの使い心地と色とは

インプラント治療は、歯科治療の中でも最新の技術で、人気が高まっている手法です。虫歯を除去した後に人工の支柱を埋め込みその周りに人工の歯の素材を設置することで治療をする手法です。最近は、見た目の色もほとんど自然の歯と変わらない素材が開発されており、治療したとは見えない自然な感じで治療をしてくれる委員が増えてきています。また、以前は使い心地はあまり良くなかったといわれていますが、最近のインプラント治療は、治療をし終わった後の付けた感じも違和感がほとんどなく、とても技術が上がってきていると感じられます。

治療した歯の使い心地

インプラントは自然の歯に近い使い心地で治療することができます。虫歯や歯周病などで抜けてしまった歯の治療方法のひとつなのですが、入れ歯などの治療方法とは違うのです。そもそも自然の歯は顎の歯根という骨から生えてきているのです。インプラントは抜けてしまった歯の歯根の部分に金属の器具を埋め込んでそこに人工の歯を取り付けるという方法なのです。そのため自然の歯に近い形で治療することができ、顎の骨に力をかけて噛むことができるなど自然の歯と同じような使い心地なのです。しっかりと固定されてきれいな歯並びも特徴なのです。

↑PAGE TOP