インプラントの使い心地と費用

インプラントは歯を失ってしまった部位の骨にチタンを埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療です。入れ歯のように取り外しの手間がなく、固定式なので使い心地がよいというメリットがあり、噛み心地も自然です。見た目もよく、快適に過ごすことができます。しかし、インプラントは健康保険が適用されないために、1本あたり35万円という費用がかかってしまいます。失った歯が多ければ多いほど、その分治療費もかかってしまうので、事前にどの程度の費用がかかるか相談するといいでしょう。保険外治療は歯科医院によって治療が異なります。

インプラントの使い心地について

インプラントは歯がなくなってしまったような場合に行う治療方法です。虫歯などで歯を抜いてしまう必要があるような場合や、事故や怪我によって歯が折れてしまったような場合に治療することができます。入れ歯などの治療方法もありますが、入れ歯では歯を固定する方法が金属のバネなどを使用して周りの歯に引っ掛けるという方法です。そのために簡単に動いてしまったり、外れてしまうこともあるためとても違和感があります。インプラントは顎の骨に取り付けるという方法なので、しっかりと固定することができ、その使い心地が天然の歯と同じなのです。

↑PAGE TOP